株式会社アプリス

事業案内

ホーム事業案内

事業紹介

営業・企画

お客様にとって価値ある製品を生み出す発想力と企画力

私たちが目指しているのは、「製品を通して、お客様の商品とブランド価値をより高める」ことにあります。そのためには、単に受注するだけではなく、消費者ニーズや市場環境を取り入れた提案型の営業と開発が必須だと考えます。

営業・企画スタッフは、食品パッケージ市場の動向を注視し、緻密なマーケティングを行っています。一方、技術・開発スタッフは新たな発想を形にすべく、研究を重ねています。ここに長年蓄積されたノウハウが加わり、お客様にとって価値ある製品を企画提案できる環境が整います。営業スタッフと開発スタッフが一体となり、食品に最適なパッケージの材質や形状、機能などの開発設計、試作型や試作品の提案を積極的に行っています。また、柔軟な納期管理などをスピーディーに展開できることも、私たちの強みです。技術力はもちろん、豊かな想像力と積極性を持ち合わせたマンパワーで、業界に新たな可能性を切り拓きます。それが食品パッケージにおけるリーディングカンパニーであり続ける私たちの誇りと責任です。

営業・企画のイメージ

製造・技術

柔軟な製造システムで、多種多様・多機能の製品に対応

生活環境の急速な変化や消費者ニーズの多様化に伴い、食品パッケージ業界でも多品種、多機能な製品づくりが求められています。私たちは優れた生産技術と高度な開発技術を融合させ、柔軟な製造システムを構築しています。

アプリスでは、最新鋭の検査機の導入と工場内のロボット化を進めています。これにより、正確さや安全性が増し、全体の効率が飛躍的に向上しました。その結果、人は条件設定や段取り、メンテナンス、良品製造のための研究・開発に時間を割くことができます。私たちの製品の中には、ガスバリア性、防湿性、遮光性、保香性など多くの機能性素材を用いた容器があります。香り、風味、色などの劣化を抑え、食品の品質を常温で長期間保つことから、それぞれの素材の特徴を生かして、フルーツゼリー、乳製品、ごはん、みそ、ドリンキングカップなどのさまざまな容器に採用されています。これは私たちの製造技術によって、お客様のニーズを具現化してきた結果です。さらに印刷の工程においても、最新の印刷技術を積極的に導入しています。人と技術の力で、製造機械の能力を最大限に発揮させる。それこそが、理想の品質と納期、コストを実現させる最良の手段だと私たちは考えます。

製造・技術のイメージ

品質・管理

パッケージを提供することは、「安全」と「安心」を約束すること

これが創業時から連めんと続くアプリスの製品づくりにおける信念です。2003年には容器メーカーとしてISO9001を取得。高い品質の製品を供給すべく、製造ラインにおける品質管理の向上に努めています。また、2016年にはエコアクション21の認証を取得し、環境に配慮した取り組みにも力を入れています。

工場はクリーンルーム化され、衛生管理にも細心の注意を払っています。出入り口にはエアシャワールームを設置し、人の出入りによって生じるほこりなどをシャットアウトしています。さらに製造ラインでは、高度なセンサや画像処理技術の活用に加え、業界に先駆けて異物検査機を導入するなど、独自の取り組みを積極的に進めています。また、製造ラインの合理化やフードディフェンスも推し進めながら、常に改善を心がけています。



品質・管理のイメージ
ページトップ

製品紹介

これらは私たちが製造する食品プラスチック容器の一例です。
一見同じように感じますが、年間に製造する数百種の容器を、5つのグループに分けてご紹介します。
どれひとつとして同じものはなく、すべてがお客様の要望に応えて生まれたオリジナル品です。

飲料容器
飲料容器more

チルドコーヒー飲料、飲むヨーグルト、スムージーなど、ストローを挿してすぐ飲めるRTD(レディ・トゥー・ドリンク)容器です。

カップ麺容器
カップ麺容器

チルドコーヒー飲料、飲むヨーグルト、スムージーなど、ストローを挿してすぐ飲めるRTD(レディ・トゥー・ドリンク)容器です。口径や容量もさまざまに、風味の保持、光線劣化防止といった高機能化についてのご要望も個別に対応しています。また、シンプルなデザインでの曲面ダイレクト印刷容器から、カラー写真が美しいシュリンクラベル装着容器まで、多彩な印刷方法をご用意しています。シュリンク装着容器では容器形状もさまざまにアレンジすることが可能です。

ヨーグルト・乳製品容器
ヨーグルト・乳製品容器more

カップ麺、焼きそば、スープ、みそ汁などの即席食品向け容器です。

ヨーグルト・乳製品容器
ヨーグルト・乳製品容器

カップ麺、焼きそば、スープ、みそ汁などの即席食品向け容器です。高倍率発泡容器の使用で、製造コストや使用資源の大幅な削減がはかれ、また食べる際の熱さを防ぐ断熱機能もあり幅広く使用されています。同じように見えても、口径から形状、給湯量線、容器スペック、高速充填ライン適正など、同じ規格容器はほとんどありません。お客様のニーズに合わせた特注仕様を、高い生産技術により試作から量産まで素早く確実に立ち上げることができます。

ヨーグルト・乳製品容器
ヨーグルト・乳製品容器more

ヨーグルト、プリン、マーガリン、チーズなどのさまざまな機能を持った乳製品の容器です。

ヨーグルト・乳製品容器
ヨーグルト・乳製品容器

ヨーグルトやプリン、マーガリン、チーズなどの容器です。小口径から大口径、角型もあり、それぞれ大容量から小容量まで、全国の食品メーカー様の充填ラインに適合する規格を多数ラインアップしております。鮮度や風味の保持機能や、乳成分の光線劣化防止のための遮光仕様など、個別のご要望にも対応可能です。印刷方法もシンプルなデザインからカラー写真のような印刷まで、ご要望に合わせてスピーディーに対応できます。

アイス容器
アイス容器more

アイスクリーム、ソフトクリーム、カキ氷、ソルベなどの冷菓容器です。

アイス容器
アイス容器

アイスクリーム、ソフトクリーム、かき氷、ソルベなどの冷菓容器です。パーソナル容器、買い置きファミリーサイズ容器、ショップや外食店でディッシュアップする業務用のバルクサイズまで各種ラインアップしています。形状や特性についても個別の相談に対応しています。

ガスバリア容器
ガスバリア容器more

主にゼリーなどのデザート類、みそ、電子レンジ加熱用の米飯容器などの、長期間保存が可能な容器です。

ガスバリア容器
ガスバリア容器

主にゼリーなどのデザート類、みそ、電子レンジ加熱用の米飯容器などの容器に採用されています。これらの容器は、気体の透過を防止する性質に優れています。長期間にわたり、香りや風味を保持し、品質劣化に影響する酸素から食品を守ることができます。そのため、賞味期限の延長を可能にし、食品の廃棄ロス削減にもつながっています。またデザート容器に関しては大容量から小容量まで多数のラインアップがあります。

ページトップ

工程紹介

私たちが手にする食品用プラスチック容器は、実にさまざまな工程を経てつくられています。
その一つひとつの工程ごとに専門のスタッフが厳しいチェックを行い、最新の機械や技術を用いて、
最高品質の製品を送り出す努力を続けています。私たちの製品ができるまでをご紹介します。

  • 工程
    工場はクリーンに保たれており、専用のクリーンウエア着用が義務づけられています。粘着クリーナーやエアシャワーでほこりなどの異物を取り除いた後、再度徹底した手洗いと除菌を行い、各作業場へと向かいます。
    工程
  • 工程
    容器のもととなるのは、ペレットと呼ばれるプラスチック原料です。この工程では計量機で製品に最適な原料の配合を行います。これがプラスチックのクオリティの決め手になります。
    工程
  • 工程
    計量された複数の原料を、それぞれ押出し機で加熱溶融した後、層形成してシート状に押出す工程です。この多層シートの押出しは独自の技術で、高い品質と生産性を確立しています。
    工程
  • 工程
    シートを成形機にセットし、熱を加えて立体的な容器の形にし、打ち抜きます。この多層シートの押出しから成形までの工程は一本化されるなど、合理化を図っています。
    工程
  • 工程
    印刷については、多色刷りが可能な曲面印刷機で一度に何色もの印刷を施し、紫外線で乾燥させます。画像処理装置や内面検査装置により、印刷や形状不良の製品を自動的に排除できます。
    工程
  • 工程
    細心の注意を払いながら検品作業と箱詰めを行います。また、より高い品質を求めて、検査や箱詰め作業の自動化も進めています。あとは食品メーカーを経て消費者のお手元に届くのを待つばかりです。
ページトップ