株式会社アプリス

第二製造部 成形課

ホーム採用情報先輩社員紹介第二製造部 成形課

ココだけは譲れない! 一切の妥協を許さず作業できる職場環境

入社時からこの第二製造部に配属になり、カップ麺や米飯の容器をメインとした成形作業に携わっています。オペレーターとして機械を操作しながら製品の品質チェックを行い、測定結果などから重量や厚さなどを微調整するのが主な業務で、1日およそ約20万個の容器を製造しています。これだけの量を扱うわけですから機械も熱を持ちやすくなり、誤作動を起こすこともあります。それらを未然に防いでコンディションを保ったり、万が一トラブルを起こした時もすぐに対応して生産がスムーズに行えるよう注意を払っています。
特に「ふちのライン」は非常にこだわっているポイント。型抜きしたあとのカット面がけば立つと、ふたのフィルム接着にも不具合がでる恐れがありますし、手に触れた際の感触も変わってきます。ここをなめらかで美しく仕上げるために、機械を相手に奮闘中です。プログラミングだけではなく、治具を使って微調整する場合もあります。その甲斐あって納得できる製品が通常よりも速く、多く生産できたときは喜びもひとしおです。こんな風に、できたものを目にして日々やりがいや達成感、満足感を得られるのも、この仕事の魅力だと思います。

第二製造部 成形課

“仕事の意義”を見出せる、自由で勢いのある会社

大学は工学部でロボット分野を専攻していました。学んだものを活かしたいという気持ちもありました。何よりも“ものづくり”が好きでしたので、それができる会社を探していたとき、出合ったのがアプリスでした。業界をけん引する実力と歴史のある会社ながら、若い社員が多く、独特の勢いを感じられたことが入社したいと思った一番の理由です。実際、やる気のある人間には仕事を任せてくれるところや、年齢や立場を問わず自分のアイディアを発信したものには一定の評価を与えてくれるところなどは、思った通り、いえ、それ以上に素晴らしいと感じました。だから、社員一人ひとりが目標を持ち、それに向かって頑張れるのだと思います。同期とも、「今日はこんなにスムーズにつくれた!」などと報告し合ったり、「この問題はどうすれば改善できるか」などと日常的に話し合ったりして、切磋琢磨し合える関係を築けています。もちろんキツイ部分もあります。知力だけでなく体力も求められますし、ときには油まみれになることも……。工場は24時間稼働だから、作業スタッフは3交代制での勤務です。それでもこの仕事に強いやりがいを感じるのは、やはり“ものづくり魂”が揺さぶられるからでしょうか。以前、被災された方々が避難所で自社製品の容器に入った食品を食べているのをテレビで見て、自分の仕事が社会の役に立っているのを実感しました。その感激を胸にいだき、一つひとつに責任を感じながら仕事をしていきたいと思っています。

「段取り」最高! その分、人のダンドリの悪さが気になるように……!?

仕事を始めて、「段取り」の大切さを改めて痛感しています。出来上がったものをこの目で見られるのは仕事の醍醐味ですが、反面、むだになったもの、ロスしたものも形になって表れてしまいます。だからとにかくムダを出さないよう細心の注意を払う必要があり、そのため何にどのくらい時間と手間がかかるかをあらかじめ逆算したうえで計画を立て、行動に移していくことが重要です。
じつは僕、もともとは非常にルーズな性格で、学生時代はだらけまくりでした。ですが、入社以降、段取りして行動することの素晴らしさにハマり、時間が有効に使えることに楽しさを覚えるようになり、今では、まわりのルーズな人間をつい攻撃してしまうように(笑)。なんでも逆算して考え、行動できるようになったのはいいことですが、それができない人に対してついイライラしてしまう……。いいことなのか悪いことなのか、悩み中です。

第二製造部 成形課

先輩社員からのメッセージ

みな仕事に対して誇りと熱意を持ちながら日々の作業に励んでいます。僕も現在は現場でオペレーターとして作業していますが、今後は「段取り班」などのより責任ある立場になって、よりよい職場環境をつくれるよう努力していくつもりです。ちょっと熱いかもしれませんが、そう素直に思える職場っていいと思いませんか?ぜひ一緒に頑張っていきましょう!

OFFの日の過ごし方

オンとオフの区別をしっかりつけるのが僕のモットー。アウトドアが好きなので、春~秋はキャンプやバーベキューを、冬はスノーボードを楽しんでいます。群馬はアウトドア天国で最高ですよ!

第二製造部 成形課

他の先輩を見る

  • 第四製造部 印刷課
  • 第二製造部 成形課
  • 第四製造部 成形課
  • 第一製造部 成形課
  • 第二製造部 品質管理係
  • 第二製造部 成形課
ページトップ